パチンコ依存症を防ぐためにすること

パチンコ依存症を防ぐためにすること

 パチンコで使っている金額を帳簿につけておくと、パチンコ依存症になりにくいと私は思います。なぜならば、帳簿に金額を記録しておくことで、自分がどのくらいパチンコに対してお金を使っているのか、客観的に直視することができるからです。もしもそれをしていないと「今日は3千円くらい使ったな」と思っても実際は5千円使っていたりなど、使ったと思っている金額と、実際に使った金額の間にズレが生じてしまいます。そうすると「大してお金を使っていない」という気持ちになってしまい、パチンコに対してかなりのめり込みやすくなってしまいます。
絶対にパチンコ やめたいと思っている貴方、コチラをご覧ください

 

 ですから、そんな風になってしまわないため、きちんとパチンコに使ったお金を記録しておくことが大事です。そうすれば、危ないと思ったところできちんと歯止めがききますし、うっかりたくさんのお金を遣い過ぎてしまうことを防げます。

 

 ですので、パチンコ依存症を防ぐためには、まずお金の記録がとても大事だと私は思っています。
コチラのサイトで→パチンコ やめたい原因を突き止めます